自然な話し方をする

 転職活動で訪問先の会社での面談や面接の場において、志望動機や退職理由などを事前に考えておく事は当たり前です。しかし、事前に考えていた内容をそのまま採用担当者に話す事は、実はあまり良い印象をもたらさないです。事前に考えた事をそのまま伝えるのは、志望動機などを記憶の中から引っ張り出したという印象を与えてしまうからです。自分の考えを抑揚をつけながら、自然的な話としてアピールする事が大事です。

 

話の時間を出来るだけ短くする

 転職活動でアピールする場合は、アピールする事を主眼として、とにかく会社に入りたいという考えで、話を長くする応募者もいます。5分以上も自分の話としてアピールする場合は、質問から的外れの部分も話す事が多くなって、結果的に印象を良くしているとは言えないです。

 

 基本的には、面接官の質問や面談においては、短すぎるのも印象が良くないが、せいぜい30秒程度に話を留めておくように伝える事が大事です。質問に対して、的を得ている具体的な部分を多く言う癖をつける事が採用につながります。余裕があれば、会社や職務などに関心のある内容を添えると、さらに印象が良くなります。

 

表現する力や口癖も重要ポイントである

 面談は適切な話のやり取りで進んでいって、ビジネスの場においても、話を理解できる人が重宝されやすいです。相手の話に関して、理解しないで否定をしたり、回りくどい言い方はかえって印象を悪くしてしまいます。一方で、無意識的な若者の言葉やタメ口を言って、印象を悪くしている場合もあります。もう一度自分の話を周囲の人に聞いてもらう事が、転職活動の対策です。