給料を大きく変える「残業」

 一般的に雇用契約がしっかりしているアルバイトや派遣社員などの形態であれば、時間外労働に対して残業代が支払われるのが当たり前です。しかしながら、残業代を「みなし」として固定給の中に組み込むことも今の法律ではできてしまいます。どうしても残業代が欲しいという場合には、必ず雇用形態を転職する前に見て調べた方が良いですし、時間給になる分、残業代がしっかり貰いやすい派遣社員の雇用形態を選んで仕事をするという方法もあります。確かに今の雇用情勢を見ると、正社員で安定した仕事をしたいという気持ちがあるのはよく分かります。

 

 しかしながら、全ての企業での雇用待遇が同じとは限りませんから、自分が納得できる仕事内容でみなし残業の条件も飲めるということであればそれは間違った選択とは言い切れません。

 

給料か、やりがいか

 もちろん、全ての人が納得しながら仕事をしているわけではないのは確かです。それだけに、前職で仕事を辞めた理由がやりがいを感じられないということであれば、転職活動はじっくりと時間をかけて行う必要があるでしょう。特に、世の中で活躍している商品であったり人材であったり、そういう社会に触れることが多い会社であればそういったやりがいを感じられる可能性はかなり高まります。

 

 目立つことばかりが重要というわけではありませんが、仕事を選ぶときにお金よりもやりがいと感じられるのは、非常に良いことでもあります。お金のためだけに仕事を選ぶのは、モチベーションが高まらない場合もありますので、まずはやりがいの部分から探すことをオススメします。