転職をするうえで履歴書は最初の自己PR

 転職をするうえで、書類審査を通るために重要になるのは、「職務経歴書」です。

 

 とはいえ、採用担当者にそれを読んでもらうためには、まず「履歴書」を見たときに「この人のことを詳しく知りたいな」と思ってもらう必要があります。それがないと、職務経歴書に行く前に、履歴書の段階で不合格になってしまいます。そういう意味では、履歴書は採用担当者の目に触れる、最初の自己PRだと言えます。しっかりとそれを意識して作成するようにしましょう。

 

履歴書は手書きか?それともパソコンか?

 かつては「履歴書は手書きで書くのが常識」と言われていました。しかし、このパソコン全盛の時代に、そこにこだわっている企業はずいぶんと少なくなったのが現実です。ほとんど企業は、履歴書が手書きでないから、という理由で落とすことはしません。あくまで内容重視です。

 

 応募する側としても、読みやすく、同じ内容を何度も書かないで済むのですから、非常に助かります。ただ、時には手書きの身を受け付ける企業がありますが、その場合は、求人票の応募種類欄に「履歴書(手書き)」と書いてありますので、その時だけ対応しましょう。

 

 ただし、パソコンの場合「誤変換」に十分注意をパソコンで履歴書を書くと、非常に楽ですが、一つ落とし穴があります。それは、手書きでないからこそ起こる「誤変換」です。これは、誤字脱字と同様、提出書類としては致命的ですので、一度書いたら印刷して、音読するなどのチェックを必ず行い、誤変換のないようにしましょう。

 

 以上の点に注意して、「受かる履歴書」を作成しましょう。