良い仕事は向こうからやってこない

 転職をするときに思うことは、良い仕事に出会いたいということです。仕事は自分の人生の大半を費やすものですから、それが自分の意思にそぐわないものだった場合はやはり、やりきれないものがあります。そうならないためにも、転職活動は慎重に時間をかけてじっくりと取り組むべきものなのです。確かに、仕事をすることで生活費を捻出しないといけませんから、とりあえず目の前に提示された職についてしまいたいという考えも間違いではありません。

 

 しかしながら、長い人生というスパンを見据えたときに仕事を選ぶという選択はかなりの影響を及ぼします。そのために、お金というよりも人生を決めるという意識で転職活動はした方がいいでしょう。そういう意味で、転職は常に攻めの姿勢で自分の気持ちを上げていくことが重要になります。

 

選考に洩れても、諦めない心

 転職のときに一番きついのが選考に洩れてしまうことです。たった1社の合否によってもたらされる精神的ダメージはとてつもありません。しかしながら、これでくじけていては転職活動を成功で終わらせることはできません。

 

 やはり、今まで不合格を受けてしまう経験をあまりしてこなかった人ほど、転職活動での不採用通知にショックを受けることが多いようです。不合格は自分の気持ちを強くするために必要な経験ですから、めげずに転職活動を続けることが大切です。不採用になったことのない人なんてこの世にはほぼいないのですから。